手作り石鹸で使えるオイルの種類と効果

手作り石鹸で使えるオイルの種類と効果

石鹸を手作りする時は、オイルの種類や量が石鹸の仕上がりの重要なカギとなります。配合されている成分によって違った洗い心地になり、見た目や香りにも影響してきます。それぞれの種類と特徴を考えて、バランスの良い石鹸を作りましょう。

手作り石鹸に使えるオイルの種類

手作り石鹸には使えるオイルの種類が数えきれないほどあり、中には名前すらあまり聞いたことのない珍しいものも存在します。最も私たちに馴染みのあるものを挙げるなら、どのご家庭のキッチンにも必ずあるオリーブ油やキャノーラ油。石鹸作りの材料としても一般的で、ベースとして使われます。美容によく使われるホホバ油やツバキ油を使った手作り石鹸も人気です。料理やスキンケアではあまり聞きませんが、アボカド油やひまし油を入れた石鹸も存在します。自分で複数の種類を買いそろえるのが難しい時は、手作り石鹸用に数種類のオイルがミックスされたセットを買うと便利です。

それぞれのオイルが持つ効果と特徴

記事のイメージ画像

石鹸作りの工程で、オイルの選択は一番重要です。オイルの種類によっては他のオイルとミックスしなければ石鹸として使えないこともあります。例えばココナッツ油から作った石鹸は、濃厚な泡立ちが特徴で洗い心地はさっぱりとしています。しかしココナッツ油だけでは洗浄力が強すぎるので、肌を保護する成分を含んだ油も混ぜないと肌荒れを起こします。オリーブ油は他の油を混ぜなくても保湿力に優れ、お肌に優しい洗い心地の石鹸を作れます。しかし溶けやすく減るのが早いという欠点があります。それぞれのオイルの利点を生かし、欠点をカバーできるように調節しましょう。

廃油は手作り石鹸に使ってもいいのか

リサイクルや節約の一環として、ご家庭で出た廃油を石鹸作りに使いたいと考えることもあると思います。しかし一度使用した油はすでに酸化しているか、酸化しやすい状態になっているので石鹸作りにはあまり向きません。酸化した油を使った石鹸は異臭がしたり、カビが生えることがあります。どうしても廃油を使いたい時は製造時にできる限り異物を取り除き、廃油から作った石鹸は顔や体に使わないようにしましょう。水まわりの掃除や手洗いの洗濯に使うと良いでしょう。未使用で余りものの油なら、清潔な環境に置かれていたことを確認すれば使用には問題ありません。

まとめ

オイルを選んで上手に調合するためには事前に知っておくべき事がたくさんあります。少し大変かもしれませんが、手がかかるからこそ手作り石鹸は楽しいのです。美肌を目指したい人は、石鹸作りを極めてみてはいかがでしょうか。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手作り石鹸の型は空き容器や専用タイプ
苛性ソーダを材料に含めない手作り石鹸の製法及びメリットと販売する際の注意点
手作り石鹸の作製の難易度を下げたいならキットを利用しましょう
初めてでも挑戦できる手作り石鹸レシピ
簡単にできて楽しい、手作り石鹸の魅力
手作り石鹸を本を参考に作ってみよう
手作り石鹸で資格の取得を目指す
複数にわたる手作り石鹸の作り方と苛性ソーダを使う作り方に関する注意点
廃油で手作り石鹸が簡単にできるが注意も必要
手作り石鹸を教室を使ってつくろう
手作り石鹸を販売するときには薬事法を違反しないこと
手作り石鹸の泡立ちをよくする配合を考える
安全面だけではなく自由研究の題材やプレゼント用としても活用できる手作り石鹸
手作り石鹸には色材を加えてカラーも楽しく
手作り石鹸を売るには事前の知識を理解することが必要になる
手作り石鹸と馬油のもたらす効果効能
手作り石鹸に素敵な柄をプラスして仕上げる
手作り石鹸はなぜエコといわれるのか
おしゃれな手作り石鹸の作り方を知っておこう
オーガニック手作り石鹸のメリットと作り方
手作り石鹸の香りづけを行いましょう
手作り石鹸の乾燥期間と理解しておきたいテクニック
手作り石鹸の使用期限は一体どれ位なのか
手作り石鹸を作る際におススメの香料
手作り石鹸を子供と作るといい効果がある
手作り石鹸はコスパ重視か品質重視か
手作り石鹸の作り方の種類は何があるか