手作り石鹸には色材を加えてカラーも楽しく

手作り石鹸には色材を加えてカラーも楽しく

手作り石鹸はシンプルなベースの仕上がりだけでも良いですが、色材を加えてカラフルにするともっと楽しいです。後から色彩が滲んだり、ダマができたりと、最初は難しく感じることがあっても、回数を重ねていくと色も上手に加えられるようになります。

クレイパウダーを加えるとスクラブ効果も

手作り石鹸はシンプルベースからより楽しく仕上げるるために、色材を加えてカラーをプラスする楽しみがあります。カラーもパウダータイプだと、意外とダマにはなりにくいですし、混ざり具合も順調な仕上がりです。石鹸を手作りし始めると、色彩ももっと華やかにしたいという、新たなチャレンジ精神が湧き出てきます。石鹸への色付けにはいろいろな方法があるので、パウダーやジェルなど好みでの色付けが可能です。クレイパウダーは天然の土の色、であり粘土のカラーですので、ナチュラル素材にこだわる人には向いています。洗顔でも人気が高いクレイ成分ですので、細かい粒子パウダーは、スクラブの効果ももたらすのも利点です。

ハーブパウダーで石鹸にカラーをプラス

ハーブパウダーでの石鹸への色付けも可能であり、ハーブ類は入手もしやすいタイプです。オイルや精油も同じ種類で合わせてみたり、豊富な組み合わせが楽しめるにも、ハーブパウダーでのカラーになります。ウルトラマリンや酸化鉄、水酸化クロムでの色付をする場合は、マットな仕上がりが特徴です。ほかの素材では発色が難しい、グリーンやブルー系も美しい色彩を放つことができます。上級者レベルになると、ブルーマーブルなどのカラーにも愛用できるほど、石鹸のカラーのチャレンジは広がる一方です。カラージェルを使用する方法は、透明感のある色彩を石鹸で表現したい時に重宝します。パステルカラーなどは粉では仕上がりにくいですが、繊細なパステルカラーも、からジェルでジャ色付けも無理なく可能です。

様々な素材をカラーに使ってみる

パウダーやジェル以外にも身近な素材をカラーに使うことは可能であり、卵やミルクを使うこともできます。卵は黄身の部分をひとつ使うだけでも、白い石鹸に優しいイエローのカラーを加えることになります。はちみつを大さじに1杯加えるだけで、透明感のある白とほのかなイエロー感じさせるカラーとなりますし、竹炭パウダーを大さじ1杯入れるとカラーは黒です。ホホバワックスはほのかなブルーを醸し出しますし、アスタキサンチンは赤みやオレンジカラーに仕上がります。専用のジェルやオイルやパウダーも色彩は豊かですが、身近な天然カラー素材も楽しむことが可能です。手作りの石鹸には、ハーブディーも大活躍をするので、ハーブティーを用意しておくのも楽しい時間になります。

まとめ

手作り石鹸には色材を加えることにより、カラフルな石鹸を作り出すことができます。初めは何もカラーもない石鹸であっても、次第にデザインを考えたり、カラーを加えたりして、楽しい石鹸を作り上げることが可能です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手作り石鹸の型は空き容器や専用タイプ
苛性ソーダを材料に含めない手作り石鹸の製法及びメリットと販売する際の注意点
手作り石鹸の作製の難易度を下げたいならキットを利用しましょう
初めてでも挑戦できる手作り石鹸レシピ
簡単にできて楽しい、手作り石鹸の魅力
手作り石鹸を本を参考に作ってみよう
手作り石鹸で資格の取得を目指す
複数にわたる手作り石鹸の作り方と苛性ソーダを使う作り方に関する注意点
廃油で手作り石鹸が簡単にできるが注意も必要
手作り石鹸を教室を使ってつくろう
手作り石鹸を販売するときには薬事法を違反しないこと
手作り石鹸で使えるオイルの種類と効果
手作り石鹸の泡立ちをよくする配合を考える
安全面だけではなく自由研究の題材やプレゼント用としても活用できる手作り石鹸
手作り石鹸を売るには事前の知識を理解することが必要になる
手作り石鹸と馬油のもたらす効果効能
手作り石鹸に素敵な柄をプラスして仕上げる
手作り石鹸はなぜエコといわれるのか
おしゃれな手作り石鹸の作り方を知っておこう
オーガニック手作り石鹸のメリットと作り方
手作り石鹸の香りづけを行いましょう
手作り石鹸の乾燥期間と理解しておきたいテクニック
手作り石鹸の使用期限は一体どれ位なのか
手作り石鹸を作る際におススメの香料
手作り石鹸を子供と作るといい効果がある
手作り石鹸はコスパ重視か品質重視か
手作り石鹸の作り方の種類は何があるか