手作り石鹸と馬油のもたらす効果効能

手作り石鹸と馬油のもたらす効果効能

手作り石鹸は意外と手軽につくることができますし、肌に優しいのも特徴です。市販商品の洗浄料は数多くありますが、合成界面活性剤や防腐剤等、いろいろ皮膚刺激になるものも多く、肌への優しさは手作りで叶えることができます。

脂肪酸のバランスの良い成分配合の石鹸

手作り石鹸は材料にも工夫ができますがその中でも馬油も適しているのは、脂肪酸のバランスも良いためです。バランスに優れていることから、違う油脂を配合しないで単独であっても、素肌に使用した時には低刺激で軽やかな使い心地の良い石鹸になります。手作りする石鹸は使う材料によって、仕上がりの見た目や使用感に肌への感触まで、それぞれに特徴を持つ出来上がりです。敏感肌や乾燥肌に向いているのは、オリーブを使った手作りの石鹸があります。オリーブは天然素材ですし、一般の石鹸にはない、肌へのしっとり感を醸し出しますので、乾きやすい肌に向いているタイプです。ココナッツ油を含むと泡立ちが良くなり、パーム油を加えると崩れにくくなります。

馬から贈り物である天然オイルの素晴らしさ

記事のイメージ画像

石鹸を手作りするときにも重宝をする馬油は昔から愛されてきたオイルであり、肌荒れややけど民間治療薬としても知られています。ほかのオイルにはない天然の馬のオイルには、人間も不思議と感じるほど、さまざまなメリットがあるのも特徴です。人間の天然のスキンケア成分とされているのは、毛穴から分泌をされる皮脂であり、その油分に近い油脂でもあります。だからスキンケアで使用をして、皮膚をうるおいで満たすのは、馬セラミドが角質層まで浸透するためです。人間の皮膚との相性が抜群に良いものであり、人間の肌へのお手入れに利用することで、足りない脂質は補われて、素肌を健やかに維持することになります。

血液循環を促進し保湿も高める作用

石鹸に加えても優れた働きをする馬油は、血液循環促進と保湿にも貢献をします。なめらかに広がりやすい特徴があり、素早く皮膚の表面に膜を作ることも得意ですので、肌は保湿と保温がされやすいです。そのスピーディーな肌へのアプローチがあるために、血液の循環を促す、効果的なマッサージ作用にもつながります。古くは切り傷ややけどなどの治療薬のような使われ方をしていましたが、炎症を鎮静させる作用もあるためです。炎症をセーブさせて、さらに熱を取り去るという働きももちます。動物性の脂肪というのは。飽和脂肪酸の割合が多いために、コレステロールが懸念されやすいです。でも馬の油というのは、不飽和脂肪酸が60パーセント以上なので、植物性脂肪との中間とも言えます。

まとめ

手作り石鹸に加える材料にはいろいろありますが、馬油は肌へのしっとり感が抜群です。皮膚が弱い敏感肌の人にも安心できますし、乾きやすさを悩みとする乾燥肌の人にも、肌をうるおいで満たす成分として有効でもあります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手作り石鹸の型は空き容器や専用タイプ
苛性ソーダを材料に含めない手作り石鹸の製法及びメリットと販売する際の注意点
手作り石鹸の作製の難易度を下げたいならキットを利用しましょう
初めてでも挑戦できる手作り石鹸レシピ
簡単にできて楽しい、手作り石鹸の魅力
手作り石鹸を本を参考に作ってみよう
手作り石鹸で資格の取得を目指す
複数にわたる手作り石鹸の作り方と苛性ソーダを使う作り方に関する注意点
廃油で手作り石鹸が簡単にできるが注意も必要
手作り石鹸を教室を使ってつくろう
手作り石鹸を販売するときには薬事法を違反しないこと
手作り石鹸で使えるオイルの種類と効果
手作り石鹸の泡立ちをよくする配合を考える
安全面だけではなく自由研究の題材やプレゼント用としても活用できる手作り石鹸
手作り石鹸には色材を加えてカラーも楽しく
手作り石鹸を売るには事前の知識を理解することが必要になる
手作り石鹸に素敵な柄をプラスして仕上げる
手作り石鹸はなぜエコといわれるのか
おしゃれな手作り石鹸の作り方を知っておこう
オーガニック手作り石鹸のメリットと作り方
手作り石鹸の香りづけを行いましょう
手作り石鹸の乾燥期間と理解しておきたいテクニック
手作り石鹸の使用期限は一体どれ位なのか
手作り石鹸を作る際におススメの香料
手作り石鹸を子供と作るといい効果がある
手作り石鹸はコスパ重視か品質重視か
手作り石鹸の作り方の種類は何があるか