手作り石鹸に素敵な柄をプラスして仕上げる

手作り石鹸に素敵な柄をプラスして仕上げる

手作り石鹸はそれだけでハッピーな石鹸ですが、柄を加えて特別な石鹸にすることも可能です。デザインをするのが大変に感じますが、マーブルなど意外と初心者でも簡単に、少しの工夫でおしゃれに仕上げることができます。

自分で作る石鹸にデザインというエッセンスを

手作り石鹸は自分で作ってみると簡単にできることがわかりますし、柄入りにも挑戦ができます。市販のパーフェクトに揃ったデザインを目標にするのではなく、自分なりのオリジナルを大事にすると、仕上がりにも愛着が湧いてくるので挑戦あるのみです。白を基本の石鹸のベースに、純ココアの粉末をく合わえて、茶色を加えるだけでも、可愛いマーブルデザインになります。お玉に2杯位の石鹸の白いベースを、ボウルに分けておいて、純ココアの粉末を、ティースプーンに1杯加えると、茶色の石鹸ベースの準備の完了です。白の石鹸ベースに加えてから、2回ほど軽く混ぜて固めるだけで、仕上がりはなんともキュートな、白と茶色のマーブル石鹸になります。

デザインを加えたら石鹸にも好みの香りを

デザインを加えて仕上げることに成功をしたら、石鹸に好きな香りを加えることにも挑戦です。石鹸を手作りするときに最初から、全てを一緒にパーフェクトにするするよりも、ひとつ出来たら次の挑戦をする、ステップを踏む方がうまくいきます。基本の石鹸を作るやり方をマスターしたら、デザインをしてみるのは楽しいですし、見た目ば良い具合に仕上がれば、香りにもこだわることです。石鹸に香り付けをする方法は、エッセンシャルオイルを加えます。アロマオイルの精油はたくさんの香りが市販されていますし、好みを重視して選ぶとともに、効果効能にも着目することです。香り付けのエッセンシャルオイルは、アロマ精油全体の1パーセント前後を使います。2パーセント以上を使わない方が良いのは、オイルの分離が起こる可能性があるためです。

マーブルのデザインに仕上げるときのコツ

石鹸をマーブルのデザインに仕上げるとき、ベースをミックスする際に、混ぜ方に物足りないくらいがベストです。白い石鹸の生地のベースに好みの色を加えて混ぜますが、ホットケーキやクッキーを焼くときのように、思い切り混ぜないようにします。石鹸の仕上がりはマーブルの絶妙なデザインにしたいのですから、混ぜすぎてはマーブルではなく、ほかのカラーになってしまうだけだからです。マーブルのデザインにするときに、茶色の石鹸生地を作る際、純ココアを使うことで、肌にも嬉しい作用があります。純ココアのパウダーが入ることで、肌の保湿と保護の効果も高まるためです。

まとめ

手作り石鹸にデザインを加えたいときにつくりやすいのは、マーブル柄石鹸のデザインがつくりやすいです。カラーに含む素材を考えていれることで、肌への保湿が高まったり、保護する力もプラスになるなど、混ぜる材料にも意識をします。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手作り石鹸の型は空き容器や専用タイプ
苛性ソーダを材料に含めない手作り石鹸の製法及びメリットと販売する際の注意点
手作り石鹸の作製の難易度を下げたいならキットを利用しましょう
初めてでも挑戦できる手作り石鹸レシピ
簡単にできて楽しい、手作り石鹸の魅力
手作り石鹸を本を参考に作ってみよう
手作り石鹸で資格の取得を目指す
複数にわたる手作り石鹸の作り方と苛性ソーダを使う作り方に関する注意点
廃油で手作り石鹸が簡単にできるが注意も必要
手作り石鹸を教室を使ってつくろう
手作り石鹸を販売するときには薬事法を違反しないこと
手作り石鹸で使えるオイルの種類と効果
手作り石鹸の泡立ちをよくする配合を考える
安全面だけではなく自由研究の題材やプレゼント用としても活用できる手作り石鹸
手作り石鹸には色材を加えてカラーも楽しく
手作り石鹸を売るには事前の知識を理解することが必要になる
手作り石鹸と馬油のもたらす効果効能
手作り石鹸はなぜエコといわれるのか
おしゃれな手作り石鹸の作り方を知っておこう
オーガニック手作り石鹸のメリットと作り方
手作り石鹸の香りづけを行いましょう
手作り石鹸の乾燥期間と理解しておきたいテクニック
手作り石鹸の使用期限は一体どれ位なのか
手作り石鹸を作る際におススメの香料
手作り石鹸を子供と作るといい効果がある
手作り石鹸はコスパ重視か品質重視か
手作り石鹸の作り方の種類は何があるか