手作り石鹸はなぜエコといわれるのか

手作り石鹸はなぜエコといわれるのか

記事のイメージ画像

手作り石鹸を利用するとエコといわれています。廃油を活用することができ、廃油を流さずに済んだり、再利用できる点などがあります。通常の石鹸よりも洗浄力が良いとも言われていて、体に優しい石鹸であることも良い理由になっています。

廃油を流さないので自然に優しい

高度経済成長期には、全国で色々な公害が広がりました。主に工業排水などが原因でしたが、家庭から出る排水にも問題がありました。使った油などをそのまま流していたため、河川が汚れたとされます。最近は認識が高まって、廃油を流さなくなっています。手作り石鹸がエコといわれるのは、廃油を使うことで河川に廃油を流さなくなるためです。石鹸にすることで、油の成分を気にすることなく流せるようになります。河川を汚すことがないので、きれいな河川を保つことができます。作ること自体は非常に簡単なので、誰でも簡単に取り組むことができます。

捨てるものを再利用して使うことができる

廃油は、かつては下水などに流していました。今はそれが自然に良くないことがわかり、ごみとして捨てるようになっています。新聞紙などに吸わせたり、凝固剤で固まらせるなどしてして捨てるようになっています。油に関しては、あるものを作る材料となっているので、捨てるのはもったいないかもしれません。手作り石鹸を作るのがエコなのは、リサイクルができるからです。いいものを作ろうとすると新しい油の方が良いですが、廃油で作っても問題ありません。新しい油は食用などに使えるので、無駄も無くなります。その他の材料もそれほど使うわけではありません。

自然の成分の石鹸を利用して洗える

洗濯をするとき、石鹸の他に漂白剤などを使う場合があります。漂白剤の中には、かなり強い成分のものもあります。使っても問題ないとはいえ、使うのにためらう人もいるかもしれません。手作り石鹸はエコといわれていますが、洗浄力のいい石鹸だからです。これまで漂白剤を使わないときれいにならなかったものでも、こちらを使うことできれいにできる場合があります。漂白剤を使わなくてもよくなるので安心して使うことができます。一般の洗剤では手荒れをしてしまうことがありますが、こちらで洗うとあまり手荒れがしなくなる人も多いです。体にも優しい石鹸です。

まとめ

手作り石鹸はエコといわれています。廃油は河川に流すと大きな問題になります。流さずに石鹸づくりに使えば、河川を汚さずに済ませられます。捨てるものを使うのでリサイクル効果もあります。手荒れなどもしにくい石鹸です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手作り石鹸の型は空き容器や専用タイプ
苛性ソーダを材料に含めない手作り石鹸の製法及びメリットと販売する際の注意点
手作り石鹸の作製の難易度を下げたいならキットを利用しましょう
初めてでも挑戦できる手作り石鹸レシピ
簡単にできて楽しい、手作り石鹸の魅力
手作り石鹸を本を参考に作ってみよう
手作り石鹸で資格の取得を目指す
複数にわたる手作り石鹸の作り方と苛性ソーダを使う作り方に関する注意点
廃油で手作り石鹸が簡単にできるが注意も必要
手作り石鹸を教室を使ってつくろう
手作り石鹸を販売するときには薬事法を違反しないこと
手作り石鹸で使えるオイルの種類と効果
手作り石鹸の泡立ちをよくする配合を考える
安全面だけではなく自由研究の題材やプレゼント用としても活用できる手作り石鹸
手作り石鹸には色材を加えてカラーも楽しく
手作り石鹸を売るには事前の知識を理解することが必要になる
手作り石鹸と馬油のもたらす効果効能
手作り石鹸に素敵な柄をプラスして仕上げる
おしゃれな手作り石鹸の作り方を知っておこう
オーガニック手作り石鹸のメリットと作り方
手作り石鹸の香りづけを行いましょう
手作り石鹸の乾燥期間と理解しておきたいテクニック
手作り石鹸の使用期限は一体どれ位なのか
手作り石鹸を作る際におススメの香料
手作り石鹸を子供と作るといい効果がある
手作り石鹸はコスパ重視か品質重視か
手作り石鹸の作り方の種類は何があるか