手作り石鹸を子供と作るといい効果がある

手作り石鹸を子供と作るといい効果がある

手作り石鹸は作る時には注意が必要ですが、子供でも簡単に作ることができます。石鹸の材料を教えることにもつなげられますし、色や形を工夫しながら作る楽しみもあります。香りなども好きなものを付けることができます。

石鹸の仕組みなどを教えることができる

世の中にあるものの中には、いろいろな不思議があります。汚れを落とすときに石鹸などを使うことがありますが、なぜ落とすことができるかなどを子どもが疑問に持つことがあるかもしれません。通常は、販売されている石鹸しか見たことがないでしょう。手作り石鹸を一緒に作ることで、石鹸が汚れを落とす仕組みなどを教えることができます。石鹸にはもともと油が含まれていて、油を含む汚れなどを落とすときに非常に効果があります。普通の石鹸だと中に油が入っているとは気が付いにくいですが、自分で作れば材料がわかるので認識しやすくなります。

夏休みの自由研究として使うことができる

小学生の夏休みの宿題の中に、自由研究があります。自分でテーマを決めて行うことになりますが、テーマがなかなか決まらなくて困ることもあります。ぎりぎりまで何もできなくて直前に慌てる子どももいるかもしれません。夏休みの自由研究として手作り石鹸を作るようにしてみましょう。作ること自体は1週間もあればできます。この時、ただ完成品を持って行くだけでなく、作ったときの過程等もレポートにして出します。さらに通常の石鹸と使い比べた時にどれくらい落ちやすいかなども書くと、良い研究結果になるでしょう。楽しみながら行える自由研究になります。

色々な色や形のものを作るのに挑戦する

廃油を使ったりすることで、手作り石鹸ができます。作り方は簡単なので、子供でも作れます。最初は、牛乳パックなどを利用して真四角のものや、色のついていないものなどを作るかもしれません。でもそれではあまり面白くありません。慣れて来たら、色々な色や香りを付けてみることに挑戦すると良いでしょう。色つけなどは比較的簡単に行えます。香りは、エッセンシャルオイルなどを用いるとつけることができます。形などにも工夫をしてみると良いかもしれません。四角のケースだけでなく、別の形の容器などを使うことで、通常とは違う形で作ることができます。

まとめ

石鹸が油から作られているとは子供は考えないかもしれません。手作り石鹸を一緒に作ることで、石鹸の原料のことを教えられるメリットがあります。自分で作ることを夏休みの自由研究としてまとめれば、立派な研究結果を発表できます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手作り石鹸の型は空き容器や専用タイプ
苛性ソーダを材料に含めない手作り石鹸の製法及びメリットと販売する際の注意点
手作り石鹸の作製の難易度を下げたいならキットを利用しましょう
初めてでも挑戦できる手作り石鹸レシピ
簡単にできて楽しい、手作り石鹸の魅力
手作り石鹸を本を参考に作ってみよう
手作り石鹸で資格の取得を目指す
複数にわたる手作り石鹸の作り方と苛性ソーダを使う作り方に関する注意点
廃油で手作り石鹸が簡単にできるが注意も必要
手作り石鹸を教室を使ってつくろう
手作り石鹸を販売するときには薬事法を違反しないこと
手作り石鹸で使えるオイルの種類と効果
手作り石鹸の泡立ちをよくする配合を考える
安全面だけではなく自由研究の題材やプレゼント用としても活用できる手作り石鹸
手作り石鹸には色材を加えてカラーも楽しく
手作り石鹸を売るには事前の知識を理解することが必要になる
手作り石鹸と馬油のもたらす効果効能
手作り石鹸に素敵な柄をプラスして仕上げる
手作り石鹸はなぜエコといわれるのか
おしゃれな手作り石鹸の作り方を知っておこう
オーガニック手作り石鹸のメリットと作り方
手作り石鹸の香りづけを行いましょう
手作り石鹸の乾燥期間と理解しておきたいテクニック
手作り石鹸の使用期限は一体どれ位なのか
手作り石鹸を作る際におススメの香料
手作り石鹸はコスパ重視か品質重視か
手作り石鹸の作り方の種類は何があるか