簡単にできて楽しい、手作り石鹸の魅力

簡単にできて楽しい、手作り石鹸の魅力

石鹸は毎日使うものなので、お金がかからなくて安全な素材のものを選びたいですよね。手作り石鹸なら、使っている素材が全て把握でき、費用も抑えられます。慣れれば簡単に作れるものなので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

シンプルな石鹸は簡単に作れます

手作り石鹸にはいくつかの道具を用意しなければなりませんが、どれも家庭や薬局で手に入るものばかりです。手順は面倒で複雑そうに見え、完成までに何週間もかかります。一見大変そうな石鹸作りですが、実践してみると想像以上にシンプルで苦労がいりません。一番基本的なタイプの石鹸の作り方を簡単に言うと、精製水と苛性ソーダと油を混ぜて固めるだけです。苛性ソーダは高濃度の状態で皮膚についてしまうと強い刺激があるので、細心の注意を払って丁寧に慎重に扱う必要があります。苛性ソーダの取り扱いに気を付けることをしっかり守れば、石鹸はご家庭でお手軽に作れます。

苛性ソーダ無しでも石鹸は作れます

苛性ソーダは石鹸造りの基本的な材料の一つで、市販の石鹸にも多く含まれています。しかし劇薬として扱われ、薬局で買う時にはサインが必要です。苛性ソーダを使うのが心配な人は、他のものを代用して石鹸を作ることもできます。重曹や米ぬかは簡単に用意でき、皮膚についても刺激が無いので使いやすい素材です。石鹸素地という細かく刻まれた純石鹸を使うのも良い選択肢の一つです。石鹸素地にお好みのオイルなどの素材を加えてこね、形成すればオリジナルの石鹸が簡単に作れてしまいます。石鹸素地を使った方法は、初心者やお子様でも失敗せずに作れるのでお勧めです。

慣れてきたら自分でアレンジした手作り石鹸も

基本的な石鹸作りに慣れてきたら、お次は好きな香りを加えてみたり、色や形をアレンジしたオリジナル石鹸にも挑戦してみましょう。ラベンダーやローズマリーなどお気に入りのハーブを入れて作ると、オシャレな見た目でリラックス効果も高まります。タマリンドガムという材料を使うと、プルプルとした触り心地の見た目も楽しい石鹸が作れます。石鹸作りに使えるオイルの選択肢も無限大で、基本的なオリーブオイルやパームオイルの他にココナッツオイルやヤブ椿油、ヘンプオイルを使ってみても良いですね。数種類のオイルをミックスして、自分好みの使い心地に調整することもできます。

まとめ

手作り石鹸は材料を混ぜてから固めるまでに数週間かかるので、それまでは失敗したか成功したかもわかりません。その分、待っている間はワクワクできますよね。楽しいうえに実用的な手作り石鹸、一度始めるとハマってしまいます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手作り石鹸の型は空き容器や専用タイプ
苛性ソーダを材料に含めない手作り石鹸の製法及びメリットと販売する際の注意点
手作り石鹸の作製の難易度を下げたいならキットを利用しましょう
初めてでも挑戦できる手作り石鹸レシピ
手作り石鹸を本を参考に作ってみよう
手作り石鹸で資格の取得を目指す
複数にわたる手作り石鹸の作り方と苛性ソーダを使う作り方に関する注意点
廃油で手作り石鹸が簡単にできるが注意も必要
手作り石鹸を教室を使ってつくろう
手作り石鹸を販売するときには薬事法を違反しないこと
手作り石鹸で使えるオイルの種類と効果
手作り石鹸の泡立ちをよくする配合を考える
安全面だけではなく自由研究の題材やプレゼント用としても活用できる手作り石鹸
手作り石鹸には色材を加えてカラーも楽しく
手作り石鹸を売るには事前の知識を理解することが必要になる
手作り石鹸と馬油のもたらす効果効能
手作り石鹸に素敵な柄をプラスして仕上げる
手作り石鹸はなぜエコといわれるのか
おしゃれな手作り石鹸の作り方を知っておこう
オーガニック手作り石鹸のメリットと作り方
手作り石鹸の香りづけを行いましょう
手作り石鹸の乾燥期間と理解しておきたいテクニック
手作り石鹸の使用期限は一体どれ位なのか
手作り石鹸を作る際におススメの香料
手作り石鹸を子供と作るといい効果がある
手作り石鹸はコスパ重視か品質重視か
手作り石鹸の作り方の種類は何があるか